♪徒然Notes♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画『 祈りの幕が下りる時 』

<<   作成日時 : 2018/02/01 06:29   >>

トラックバック 0 / コメント 0



画像

公開初日に観に行きました。夫が娘を見ててくれたので久々の1人時間は映画鑑賞!ありがとう。


滋賀県に住む女性が東京都葛飾区で殺され、松宮(溝端淳平)ら警視庁捜査一課の刑事たちが担当するが、捜査は難航する。やがて捜査線上に女性演出家・浅居博美(松嶋菜々子)の存在が浮かび上がり、近くで発見された焼死体との関連を疑う松宮は、その遺品に日本橋を囲む12の橋の名が記されていることを発見する。そのことを知った加賀恭一郎(阿部寛)は心を乱し……

と進みます。


テレビから続く加賀恭一郎『新参者 』シリーズの集大成。
ある殺人事件の謎が加賀恭一郎自身の生い立ちや過去と繋がっていく経緯が秀逸、そしてラストで全てを回収する東野圭吾作品。改めて、東野作品の凄さを感じました。

ちょっとした日本橋周辺めぐりにもなっており、新参者シリーズを観ると日本橋エリアに行ってみたくなります。

阿部寛、松嶋菜々子、小日向さんなど大人の役者さん達もちろん良かったけど、松嶋菜々子演じる浅井博美の子供時代を演じた子役の桜田ひよりさんが凄かった。

小日向さん演じる父との逃避行のシーン、切なかった。

親子の互いに対する想いが事件に繋がっていく展開は観ていてとても切なかった。
父親は娘の幸せだけを思って別人として数十年を過ごした、、だからこそのあの最期なのかもしれないけど、、、。
事件解決だけでなく家族愛もきちんと描かれた作品、よかったです!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画『 祈りの幕が下りる時 』 ♪徒然Notes♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる